【自己紹介】ブログ知識ゼロから1年で400万PVを達成した話

GAKESHO BLOGへお越しいただき、誠にありがとうございます。

本ページでは主にGAKESHO BLOGを運営する管理人(GAKESHO)がどのような経緯でブログを始め、400万PVを達成したか、そしてブログではどのような情報を発信しているかを簡単にまとめた、いわば自己紹介ページです。

簡単にまとめており、1~2分で読める内容となっていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

はじめに

もし今勤めている会社がなくなったら、自力で生活していくことはできないのではないか?

そう思ったのは新型コロナウイルスが猛威を振るい始め、1回目の緊急事態宣言に入る直前の2020年3月のことでした。

時短営業を強いられるお店や倒産する企業を目の当たりにし、「自分ははたして大丈夫なのだろうか」という不安な気持ちに駆られたのは記憶に新しいです。

新型コロナウイルスの世界的流行をきっかけに、自身の力だけで稼ぐ力を身につけたいという思いから、副業に興味を持ちます。

しかし、これまで仕事一筋だったため、副業の知識はほとんどなく、何から手をつければよいのか全く分からないという状況…。

そこで、インターネットで「副業 おすすめ」と検索するも、動画編集せどりUber Eatsの配達員など、気が進まないものばかり。

ただその中でも、「そういえば、昔から文章を書いて発信することが好きだったなあ…」という気持ちから、クラウドワークスでライティングを始めることに。

しかし、簡単に始められるという理由で案件を多く受注するも、日々の業務が多忙であったり、報酬が低くモチベーションの維持が難しかったりしたことで、あまり長くは続きませんでした。十分な実績がなかったので、報酬が低いのは当然のことですが…。

運命を変えたtool+との出会い

クラウドワークスから離れてしばらく経ち、あるときスマホをいじっていると、ブログの3文字が目に入ります。

文章を書くのが好き、というのは先述のとおりですが、自身で一からブログを作って、そのブログで収益をあげていくという魅力に強く惹かれました。

しかし、「忙しい日々にブログを続けることはできるのか?」という疑問に残ったままですし、ブログの知識はまったくありません。

そんなときに出会ったのがサイドライン株式会社が販売するtool+というブログ作成ツールでした。

tool+はインターネット上にある画像やニュース、ネットの声を自動収集して、簡単にブログが作成できるという強みがあります。

加えて、専門スタッフがきめ細かいサポートで伴走してくれ、初心者でも始めやすいということでtool+を購入、初心者ブロガー・GAKESHOは始動することになりました。

始めた当初はなかなかコツがつかめず、ブログのPVがあまり伸びなかったのですが、SEOを意識したり、Twitterのトレンドをつかんだ記事を作成したりした結果、ブログ開設から2か月で10万PV、4か月で30万PVを突破するまでに。

Googleアナリティクスの数値

 Googleアナリティクスでのアクセス数値(2021年10月31日)

結果として、1年間で300万PVを記録するブログを作ることができました。

もちろん、まだまだ通過点ではあるのですが、自身の力だけで300万PVを達成できたという経験がちょっとした自信につながったと感じています。

Webをもっと知りたくて広告代理店へ

ブログで一定の成果を出せた私は、ブログだけではなくWeb全般のことを知ってみたいという気持ちから、広告代理店に転職します。

当初はブログの作ってきたという経験から、ブログメディアの運営や管理を行っていましたが、Web広告の運用やマーケティング戦略の立案から実行までなど、たくさんの業務に携わりました。

そのおかげもあってか、どのようなブログを作れば、多くの方に閲覧してもらえるのかというノウハウをたくさん学ぶことができたと思っています。

現在では各種広告やウェブ解析士の資格などを取得するなどして知識を習得し、ブログをより大きくするために頑張っている日々です。

さいごに ー GAKESHO BLOGの特徴

現在ではtool+で作成したブログ以外にもツールを用いずに作ったブログも運営し、PV数も順調に伸びてきてきました。

GAKESHO BLOGでは私の副業生活を変えてくれたtool+だけではなく、広告代理店マンの知見からブログを頑張りたいという方に向け、役立つ情報を発信していきます。

  • 大変かもしれないけど、自身の力だけでお金を稼いでみたい
  • 誰かのために役に立つ情報を発信したい
  • 忙しい中で、少しでも早くブログの知識を習得したい

とお考えの方は、ぜひGAKESHO BLOGを読んでみてください。

少しでもあなたの力になれればうれしいです。

Twitterでフォローしよう